積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ
  • 部屋探し

コモンクラブ神奈川

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. 神奈川トップ
  5. このまちに住もう
小田原名産の蒲鉾や野菜を「梅みそ」で

小田原おでん本店

小田原おでん本店
小田原おでん本店

江戸時代から蒲鉾の名産地として名高い小田原の地。ここの商店主らが知恵を絞り合い、「小田原名産の練り物、水産物、野菜などを使ってなにか町おこしはできないものか」と考案したのが「小田原おでん」だ。その誕生は2003(平成15)年。昨今ではテレビや雑誌などでも数々紹介され、小田原の新たなシンボルとして注目を集めている。

「小田原おでん」のルールは主に3点ある。

(1)「小田原おでん会」が選んだ小田原産のおでん種を使っていること
(2)「小田原おでん会」が薦める“梅みそ”を使っていること
(3)「小田原おでん会」とお店が協力して美味しいおでんを作ること

要約すれば、小田原名産の練り魚介製品や野菜など使った“おでん種”を「梅みそ」で美味しく食べましょう、というもので、おでん種は市内にある13の製造元がそれぞれ分担して担当し、例えば山上蒲鉾店がいわし団子、杉清商店がつみれ、下田豆腐店が厚揚げという具合に作ったものを、「小田原おでん会」加盟のおでん店や居酒屋などに卸している。現在では市民からのアイディアなども募って種の数も増え、全部で30種類ほどもあるという。数ある店の中でも、小田原おでんの本家であり、現在も最も種類豊富におでん種を扱うのがここ、「小田原おでん本店」というわけだ。

小田原おでん本店
小田原おでん本店

おでんの要となるのは、なんといってもダシだ。ここ「小田原おでん本店」で使われているのは、昆布とカツオから丁寧に抽出された薄味のダシで、醤油は一切使わず塩で味を調えた、いわゆる「関西風」。ダシの味だけでも美味しい具もあれば、薬味を添えて味が引き立つ具もある。東京人が食べれば最初は「薄い」と感じるかもしれないが、練り物の繊細な味や風味を感じ取るためには、この薄味のダシというのは必須条件と言えるだろう。

1 2 3 4 5 

詳細地図

COMMON CLUB神奈川」は、積水ハウスが分譲・販売する神奈川県内の不動産情報や住まいに関する役立つ情報をお届けする会員サービスです。会員限定コンテンツを閲覧するためには、会員登録が必要です。