積水ハウス株式会社

  • すまいすまいる
  • 住ムフムラボ
  • シャーウッドClub
  • コモンクラブ
  • グランドメゾン倶楽部
  • スムサイトマイページ
  • 部屋探し

コモンクラブ神奈川

  1. 積水ハウストップ
  2. 積水ハウスの不動産分譲
  3. コモンクラブ
  4. 神奈川トップ
  5. このまちに住もう

江戸時代からの伝統と区画整理地ならではの利便性を併せ持つ藤沢市柄沢

藤沢市柄沢は「藤沢」駅の北東に広がるエリアで、近年の土地区画整理事業により新しい街が誕生。現在は暮らしやすいベッドタウンとして注目されている。

「遊行寺」の門前町として、東海道の宿場町として発展

藤沢の発展の礎となった「遊行寺」
藤沢の発展の礎となった「遊行寺」

エリアの西側に立つ「遊行寺」は室町時代創建という歴史を持つ時宗の総本山だ。藤沢の街は「遊行寺」の周辺に門前町が形成されたことをきっかけに誕生した。

江戸時代に東海道が整備されると「遊行寺」付近に「藤沢宿」が設けられ、宿場町としてもにぎわいをみせた。「藤沢宿」では江の島道や八王子道が交わり、交通の拠点としても重要な場所だったという。

1887(明治20)年に「藤沢」駅が開業すると、駅周辺を中心にショッピング施設などが増え、湘南を代表するショッピングタウンとして発展を遂げた。

また、「藤沢」駅北東の柄沢周辺では、1986(昭和61)年度から土地区画整理事業が開始され、新しい住宅地が誕生した。この土地区画整理事業は現在も続けられ、2018(平成30)年度に完了する予定。完了後は新しい町名をつけることも検討されており、より時代に合った街へと進化を遂げそうだ。

4路線を利用できる便利な「藤沢」駅が最寄り

「藤沢」駅からは
JR東海道線と小田急江ノ島線で東京方面に直結
「藤沢」駅からは JR東海道線と小田急江ノ島線で東京方面に直結

柄沢を暮らしの場として考えると、交通アクセスの利便性も魅力になる。最寄りの「藤沢」駅からはJR東海道線やJR湘南新宿ライン、小田急江ノ島線、江ノ島電鉄の4路線を利用できる。JR東海道線やJR湘南新宿ラインに乗れば「横浜」駅まで19分、「品川」駅まで37分、「新宿」駅まで50分で到着し、横浜市中心部や東京都心へのアクセスもよい。

小田急江ノ島線は「藤沢」駅始発の急行が多いほか、追加料金が必要になるものの特急ロマンスカーも利用でき「新宿」方面に快適に移動できる。小田急江ノ島線の下り電車や江ノ島電鉄を利用すれば、江ノ島や鎌倉などでのレジャーのアクセスも快適だ。

延伸工事が進行中の県道312号線
延伸工事が進行中の県道312号線

柄沢には県道312号、県道302号が通るほか、エリア西側を国道1号や国道467号藤沢街道が通っているため、自動車の利用もしやすい。現在、県道312号の関谷陸橋から横浜市境間の工事が進められているほか、川名交差点から南の国道467号までの区間についても検討が進められており、これらが開通すればさらに便利なカーライフが送れるだろう。

エリア内にスーパーマーケットなどショッピングが充実

「オリンピック 藤沢店」などスーパーマーケットが近く、買い物が便利
「オリンピック 藤沢店」などスーパーマーケットが近く、買い物が便利

柄沢周辺では土地区画整理事業の進捗に伴い、スーパーマーケットの「オリンピック 藤沢店」や「ヤオコー 藤沢柄沢店」をはじめ、ドラッグストアの「ウエルシア 藤沢柄沢店」や家電量販店の「ケーズデンキ 藤沢店」など多くのショッピング施設が誕生し、買い物が便利になった。

「藤沢」駅前には「小田急百貨店 藤沢店」をはじめショッピング施設が集まる
「藤沢」駅前には「小田急百貨店 藤沢店」をはじめショッピング施設が集まる

最寄りとなる「藤沢」駅周辺にも「小田急百貨店」や「藤沢 オーパ」、「ルミネ藤沢」といったショッピング施設が充実。エリアから「大船」駅方面に向かえば「ホームセンターコーナン 鎌倉大船店」などが集まる「鎌倉大船モール」もあり、多彩な買い物ニーズに応えてくれる。

ハードもソフトも子育て環境に恵まれた街

「藤沢市立高谷小学校」に短時間で通学可能
「藤沢市立高谷小学校」に短時間で通学可能

柄沢は子育ての場としても魅力が多い。通学区の「藤沢市立高谷小学校」や「藤沢市立藤ヶ岡中学校」が近く、小学校低学年の子どもでも安心して通学ができる。「湘南ひばり保育園」や「藤沢市立柄沢保育園」といった保育園・幼稚園が近いのも子育てファミリーには便利だ。

藤沢市では「子育てネットふじさわ」というWebサイトを運営し、子育て支援や夜間休日診療など子育てに関する情報をまとめて手に入れることができるほか、「子育てメールふじさわ」に登録すれば子どもの成長段階に応じて子育て情報が送られてくるなど、ソフト面の支援が充実していることも見逃せない。

子どもの遊び場が充実、湘南の海も身近に

子どもがのびのび遊べる「くらぼね公園」
子どもがのびのび遊べる「くらぼね公園」

エリア内には「くらぼね公園」や「大台公園」といった子どもの遊び場に適した公園が揃っていることも魅力のひとつ。今後も「柄沢中央町内会館」の東側に「宮ノ下公園」の開園が予定されており、現在、住民が参加してワークショップを開くなど、行政と地域が一体となって公園の基本計画を検討中だ。

また、柄沢からは「県立湘南海岸公園」や江ノ島周辺でのマリンレジャーも日常圏内となり、休日のレジャーの楽しみも多い。

計画的に造られた街ならではの利便性に恵まれ、湘南の海も満喫できる藤沢市柄沢。この街ではファミリーが快適に暮らすことができるだろう。

あわせて読みたい。関連ページ

COMMON CLUB神奈川」は、積水ハウスが分譲・販売する神奈川県内の不動産情報や住まいに関する役立つ情報をお届けする会員サービスです。会員限定コンテンツを閲覧するためには、会員登録が必要です。